病院で行われるED治療とは

現在、多くの男性がEDを患っているといわれています。
現在、1000万人以上もいるといわれ、決して珍しい症状ではありません。
EDの原因としては様々あるため、100%の効果が確証されている治療方法はありません。
しかし、様々な効果的な治療を長期に渡り継続することで、完治も可能になっています。
EDの原因としては、身体的要因や精神的要因などが考えられます。
高血圧や狭心症、糖尿病など血管障害が見られる病気を患っていると、EDを併発しやすいと言われています。
現在、病院で行われるED治療とは、基本的に血圧検査と問診です。
受診する科としては、内科や心療内科などがあります。
EDは、持病や男性ホルモンの分泌、ストレス等心理的な要因が絡み合っています。
そのために、総合的に体を診察することが出来る内科が良いでしょう。
しかし、多くの面で通院するのが困難な場合(例えば女性の看護師が多い)などで、通院したくても出来ない場合は、専門のクリニックに足を運ぶ方法もあります。
初診料や検査費、場合によって薬代もかかります。
EDは、病気ではないと見なされているため、全額自己負担になります。
薬代は高額になり、1粒数千円するケースもあります。
各病院やクリニックで費用に差があるので、確認が必要です。