ED治療薬のネット販売における平均価格

ED治療薬は、クリニックで診察を受けて、医師に必要と判断されれば処方されます。
そのためED治療薬の代金と診察費とがそれぞれかかることになります。
ED治療は基本的に健康保険の適用外なので、100%自費での支払いとなります。
この場合のED治療薬の平均価格は、1錠あたり1500円ほどです。

ED治療薬は、ネット販売もされています。
海外から個人輸入をした業者により販売されているのです。
業者からの購入の場合、クリニックと異なり、医師による診察も処方箋も必要ありません。
代金を支払うだけで入手することが可能です。
1錠あたりの平均価格はクリニックとそれほど変わりませんが、診察費がかからない分、安く済みます。

さらにネット販売をおこなっている業者では、ジェネリックのED治療薬も取り扱っていることが多いです。
ジェネリックの場合、開発費をあまりかけられていないので、その分安く販売されています。
1錠あたりの平均価格は、300円から500円ほどとなっています。
先に開発されたED治療薬と同じ有効成分が使われていながら、価格は数分の1なのです。

そのためクリニックではなくネット販売で、先に開発されたED治療薬ではなくジェネリックを選んで購入する人は多くいます。